Life Records

日々、目の前に見えるもの、感じたことを言葉に。綴るジャンルは敢えて絞らず。自分の思考を超えた範疇で、探していたことが見つかることもあるでしょう。興味は広く。。。

MENU

iPhoneの地図アプリを使って目的地に行く方法

こんばんは。
昨日に引き続いて、母がiPhoneを買ったから初期設定をしたよシリーズをお送りいたします、Kです。
 
本日は、iPhoneの地図アプリを使って、道案内とかをしてもらいながら目的地に辿り着く方法ってのを紹介します。
 
1、地図アプリのダウンロード
iPhoneなので、App Storeよりダウンロードします。
私が母にオススメしたのはGoogle Mapsです。
 
 
このアプリの良いところは、目的地を選択した後に、経路案内の方法を車、電車、徒歩の3通りからどの方法を選べ、かつ分かりやすいというところです。
 
例えばこのアプリの場合、こんな感じに経路とわかりやすく文字で出ています。
 
 
対して、iPhoneに元々あるマップアプリは、シンプルを追求したがために、アイコンでしか書かれていません。
ある程度iPhoneやパソコンに慣れているのであればこれで充分ですし、スタイリッシュな見た目も好まれます。
 
ただ、専業主婦の母の場合違うんです。
文字がないと分からないんです。このアイコンは得体の知れない何かに通じていると思い、なかなか押せないのです。怖くて。
 
そのため、文字も書いてあるシンプルなこのGoogle mapsが適していると考えられます。
 
2、Googlemapsの使い方
さて、このアプリの使い方を紹介していきます。
 
ⅰ.アプリから使用する場合
①位置情報サービスをオンにする。
f:id:liferecords:20160315210654p:image
②アプリを起動する
f:id:liferecords:20160315210740p:image
③目的地を入力
f:id:liferecords:20160315210925p:image
④経路案内
f:id:liferecords:20160315211221p:image
 
ⅱ.ネットから使用する場合
①位置情報サービスをオンにする。
f:id:liferecords:20160315210657p:image
②ネットの検索エンジンで目的地を入力
f:id:liferecords:20160315211401p:image
③地図が出てくる。(なぜかYahoo)
f:id:liferecords:20160315211435p:image
④経路案内
f:id:liferecords:20160315211856p:image
 
 
簡単ですねー。
 
きょうはここらへんで!