Life Records

「みんながワクワクしている世界」を提供できるよう、将来ゲストハウスの開業と経営を目指す奮闘ブログです。夢と希望を胸に抱き、将来の構想や夢実現の方法や考え方、また必須スキルである英語力や経営力、営業力、デザイン力を身につける過程を綴ります。

MENU

もっと活かす、スマートフォン③

こんにちは!

Yです。
 
 
海外から帰国しました!
そちらのお話ものちほど記事にしたいなーなんて思ってるので、気長に待っていただけると嬉しいです。
 
 
さて、「もっと活かす、スマートフォン。」
間があいてしまいましたが、電化製品紹介の連載は今回が最終回です。
 
前回は、スマートフォンのモバイルバッテリーをご紹介しました。
今回は充電つながりで、iPhoneの充電ケーブルについて書いてみます。
 
 
家電量販店に行くと、棚の一面に様々な種類の充電ケーブルが並んでいますね。
本記事では、中の人的ケーブル選びのポイントを2点、ご紹介します。
 
 
▼ポイント① ケーブルの長さ
 
まずはケーブルの長さです。
中の人は、以前は1mのものを使っていました。
こたつに入ったままでもスマホに手が届くのは良いのですが、
外でモバイルバッテリーと共に使うには長すぎて邪魔と感じることもありました。
今は、50cmのものを使っています。
最近はパソコンを開いて、パソコンに繋いで充電することが多いので、
50cmも長さがあれば十分すぎるくらいです。
もちろんバッグの中でモバイルバッテリーと繋いでも邪魔になりません。
 
中には、ケーブルを巻き取れるものもありますので、
気になる方はそちらもお試しください(^^)
 
 
 
▼ポイント② ケーブルの丈夫さ
 
もうひとつは、ケーブルの丈夫さです。
中の人はずっとiPhoneを使っているのに、なぜケーブルを買い替える必要があるのか…
 
「断線」
「接触不良」
 
心あたりのある方やも多いのではないでしょうか?
ケーブルがもろくなってしまうことでスマホ本体との接触が悪くなり、
ケーブルを繋げたはずなのに充電できてない!とか
ある角度でしか接触してくれない!とか
 
中の人は、モバイルバッテリーに繋いでバックの中に入れ、
それを出し入れしまくっていたせいもあり、
根元の部分がすっかり折れてしまっては買い替え…を繰り返していました。
 
やってられん!と思って、数ヶ月前に購入したのがこちら。
 
 
高耐久ケーブル
写真の通り、特に根元の部分がかなりしっかりしているのが特徴です。
これだと、バックの中でモバイルバッテリーに繋いだとき、根元が多少折れまがった状態に巻いてしまっても、しっかり元の形をキープしてくれます。
 
安いものよりは多少お値段も上がりますが、
なんども買い換える手間と費用を考えるとこちらのほうが断然良いかと思います(^^)
 
 
毎日の生活にかかせないスマホ
スマホにかかせない充電ケーブル。
 
毎日使うものだから、
ほんの少しだけ良いものを使いたいですね。
 
 
これにて、スマホの連載は終わります。
他にも良いスマホのネタが出てきたら、そのときまた投稿しますね(^O^)