Life Records

「みんながワクワクしている世界」を提供できるよう、将来ゲストハウスの開業と経営を目指す奮闘ブログです。夢と希望を胸に抱き、将来の構想や夢実現の方法や考え方、また必須スキルである英語力や経営力、営業力、デザイン力を身につける過程を綴ります。

MENU

これまでの常識を覆すDoroboは何が凄いのか

こんばんは。

眠い目をこすりながら更新中のKです。

チョコ食ってます笑

日本酒の連載も残っておりますが、今日は家電製品についてご紹介したいと思います。

 

さて、皆さんの職場ではデータの管理など、どのようにおこなってますか?

 

1、各々のパソコンに保管しておくだけ。

なんだかんだこれが1番多いと思いますが、実際はどうでしょうか。まれに、ポータブルHDDや外付けHDDにバックアップしている人もいるのでしょうか。いや、経費で各々にHDDは与えられないと思うので、バックアップはとっていないことが多い気がします。

f:id:liferecords:20160301234104p:plain

 

2,NASを利用

ちなみに私の職場ではNASを使用しています。

NASというのはネットワーク経由で接続するストレージのことを指します。

NAS(Network Attached Storage)

例えばIOデータのLANDISKなんて商品が有名ドコロでしょうか。

アイ・オー・データ機器 HDL-XR2.0W/2D

アイ・オー・データ機器 HDL-XR2.0W/2D
価格:55,000円(税込、送料込)

 

3,Doroboを利用

NAS技術を活用した最先端のストレージシステムです。

私の職場でNASを利用していると前述しましたが、LANDISKが壊れる直前でこのDoroboに乗り換えました。(乗り換えた2日後くらいにLANDISKはお亡くなr)

 

さて、このDoroboという商品、なにがすごいの?LANDISKとは何が違うの?

っていうところをこれから解説していきたいと思います!!

 

通常よく見かけるNASの商品というのは、ネットワークを介して複数のPCと繋ぎ、職場内にて複数のユーザーがデータを保管、またはデータの取り出しができるというのがメリットです。

また、複数のHDDを組み合わせ、RAID機能と呼ばれるデータの保護機能を併用しているケースも多くあります。

 

RAID機能についてはいつか詳細書きます。

 

ただこちらのRAID機能!少々厄介です。

従来の商品だと、同じ型番、同じ容量のHDDしか組み合わせることができませんでした。それってめんどくさくないですか?HDDが壊れてしまった時に、わざわざネットやお店で同じ商品を購入してこなければいけないということなんです。

 

ですが!Doroboはそれを解消しました。

そうです。同じ型番、同じ要領じゃなくてもいいんです。

それがDoroboの大きなメリットなんです。

f:id:liferecords:20160301234740p:plain

 

例えば昔使っていたパソコンなど、捨てられずに部屋に転がってたりしませんか?

ちなみに私の部屋には富士通のノートパソコンが1台転がっています。

勘の良い人は気づきましたか?

 

はい。

 

このパソコンの中に入っているHDD、再利用できちゃいます!

それっていいですよね。エコですよね。

 

そんなDoroboの商品紹介動画です。

youtu.be

 

また何かの機会にご紹介できたらなと思います。

※ちなみにNASではなくDAS製品(ネット接続なし)もあります。